第66号:「マチネの終わりに」の洋子の住んでいたパリ

先日新聞にシャンゼリゼ通りのライトアップが始まったとありましたが、気が付けば、もうアドベントシーズンに入っていますね。

 

11月1日から公開した映画「マチネの終わりに」を早々に見に行っていたのに、書くのがだいぶ遅くなってしまいました。

 

単行本で平野啓一郎さんの「マチネの終わりに」を読んだのは、私の場合は2018年1月でしたので、だいぶ内容も忘れかけたころに、この映画を見たので、原作と厳密に比較するという感じでなく、原作とは別物として見た感じでした。

 

ご存じだとは思いますが、主人公のギタリスト蒔野を演じたのは福山雅治さんで、小峰洋子を演じたのは石田ゆり子さんでした。

 

正直なところ、原作を読んで私が勝手にイメージしていたのとは全く違ったのですが、これはこれでよかったと思います。映画館まで見に行くと、まるで福山ファンと思われるのかなというのが少し危惧されましたが、それでも1月から公開の「ラストレター」も見に行きそうだし、もう私はれっきとした福山ファンかもしれません。

 

私の中では、主人公の蒔野はもっと神経質で繊細そうなイメージでとらえていましたが、福山さんの実直というか直球みたいな感じの蒔野もよかったのではないでしょうか。

 

本で読んだ時も、映画を見た後も、思わず「三谷―っ!!」と叫びたくなる感じは、全く同じでした。三谷を演じた桜井ユキさんが今回とてもよかったです。

 

話は戻りますが、パリで洋子は通信社の記者として働いています。結婚してニューヨークに住んでいたり、原作では独身時代にイラクに赴任もしています。映画ではイラクではなく、パリでのテロ事件を取材する洋子が記者として働く世界は危険が身近にあることが描かれています。

 

洋子の父でクロアチア人の映画監督のソリッチの映画『幸福の硬貨』のテーマ曲は、蒔野が天才少年ギタリストとして華々しくデビューした頃に弾いた曲で、洋子とつながるモチーフとしてこの映画の伏線となっています。

 

原作では、天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)という年齢設定で、蒔野は音楽家として仕事の上ではスランプに陥りつつあり、洋子は付き合ってきた恋人と結婚を考えていた時期で、お互いに遠慮のあった二人がパリではとても近くなったところなのに、また運命のめぐり合わせで離れてします。そんなターニングポイントになる地でもあります。

 

ともあれ、ラブストーリーにパリが入ってくるとまたさらにロマンティックさが加わるのは私だけでしょうか。

 

マチネの終わりに (文春文庫)

マチネの終わりに / 平野 啓一郎著

東京:文藝春秋 , 2016

20㎝;416p

第65号:貴方の巡礼の目的は?・・・「スペイン巡礼 緑の大地を歩く」

前回の第64号に引きつづき、サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅行記を読みました。今回は、渡辺孝さんの「スペイン巡礼 緑の大地を歩く」という本です。

 

前回の「人生に疲れたらスペイン巡礼 飲み、食べ、歩く800キロの旅」と同じくサン・ジャン・ピエ・ド・ポーからの出発。やはり最近は映画「The way」(邦題「星の旅人たち」)の影響が大きいのかもしれません。

 

前回の30代の小野美由紀さんと、60代の今回の著者渡辺さんとは巡礼のスタイルはもちろん違い、年齢に合わせた巡礼のスタイルということがあることを身をもって記録してくれています。

 

途中足を痛めて、バスや列車でスキップするのも、それはそれでありだし、公営アルベルゲは利用せずに、私営のアルベルゲやホテルを利用するというやり方についても、たぶん巡礼するのなら、こちらのスタイルに近いかもと思った読者も多いのではないかと思います。私も断然こちらだと思いました。

 

著者は私学の大学理事長を務め、いろいろなことが著者なりにあり、ずっと気になっていた巡礼に出た模様。巡礼ツアーに参加して下見し、その約7か月後に780キロ、結果的に40日近くに及ぶ巡礼に出ています。

 

今回のタイトル「貴方の巡礼の目的は?」は、この本のエピローグにあり、このワードは、「ある程度親しくなってからでないと、なかなか切り出せない。何故か。」とあり、多分読んでいない人には意外に感じられるかもしれませんが、この本を読んだ後は、何となく気持ちがわかります。著者曰く、「それは多くの場合、巡礼の目的がその人のそれまでの人生と深く関係し、場合によっては非常にデリケートな質問となるからだ。」とあり、そんなデリカシーを持つ著者に好感を持ちます。

 

著者のいうように、仕事や人間関係の悩み等様々なストレスは、人の内面に「滓(おり)」のように沈殿し、堆積していく・・・、知らず知らずのうちに「人生の滓」が溜まっていくということは誰しもが感じることではないかと思います。

 

カミーノを歩いていると、いろいろなことを思い出し、考えもするが、いつしか歩くことに集中するらしいです。巡礼の本を読むと感じることですが、これは瞑想に近い境地になっていくのではないかと思います。そんな時間を持つことで、心が癒されていく感覚が持てるのかもしれません。

 

中世の時代の人々もカミーノを歩き、現代人もカミーノを歩きます。もちろん、中世の人にはより信仰に基づくものもあったとは思いますが、現代人にも通ずる何かがそこにはあるのだと思います。これは歩いてみた人ではないと結局わからないことですね。

 

あなたが巡礼に出るとしたら、どんな目的なのでしょう。

 

スペイン巡礼 緑の大地を歩く

 

スペイン巡礼 : 緑の大地を歩く / 渡辺 孝著

東京 : 皓星社 , 2019

264p ; 19cm

 

 

 

第64号:いつかは巡礼路・・・「人生に疲れたらスペイン巡礼 飲み、食べ、歩く800キロの旅」

まずはじめに、すっかりご無沙汰しており、失礼いたしました。

サマーヴァケーションどころでなく、その前からだいぶ更新を怠っていました。

公私ともに忙しかったといえば、それまでですが、特に私事の雑多なことが多かった夏でした。

 

やっと9月に入り、台風。千葉県でもこのように長引くとは、被害に遭われた方の大変さを自分に置き換えて考えて教訓にすべきだと思いました。

 

今年の台風は仕事としては影響はなかったのですが、昨年の関空の被害も、くしくも9月の第1週の週末で、ほんとうに何が起こるかわからないと言っているだけではすまされないと、さすがに今年は2回連続ですので思いました。

 

成田空港は海の上にあるわけじゃないし・・・と考えていましたが、台風に弱かった。今回陸の孤島状態になったのを見て、そういえば3.11の時も同じだったとふと思い出し、この”やわさ”も加味して考えておく必要があるのではないかと思いました。

 

さて、以前もサンチャゴデコンポステーラの巡礼路については、書いていますが、今回は実践テキストともなりそうな小野 美由紀さんの書いた「人生に疲れたらスペイン巡礼 飲み、食べ、歩く800キロの旅 」を読んで、また気持ちがそちらに動く私がいました。

 

最初は息子と二人で行きたいと考えていましたが、この旅はやはり一人で出るのがいいのではないかと思いました。一緒に歩くことになる人は、その旅先でその日ごとに偶然知り合った旅人と歩くのがやっぱりいいなあと思いました。

 

アメリカでヒットした映画「The Way」もこの本を読んだ後に早速見ました。韓国でもTV番組の影響で大ブームだとか。できれば、ブームが去ってから行きたい。

 

サンチャゴデコンポステーラに行くには、小野さん(The Wayも)が行かれたように、「フランス人の道」と言われるサン・ジャン・ピエ・ド・ポーから行くルートとそのほか、イルンからスタートする「北の道」、セビージャからスタートする「銀の道」、リスボンから始まる「ポルトガルの道」などがあり、10年くらい前の映画「サンジェックへの道」ではフランスのル・ピュイからスタートしており、もっと距離が長いルートもあります。

 

私はあまのじゃくなので、ポルトガルの道からスタートしたいな・・・などと考えたりしていますが、いつ実際に歩けるかはわかりません。

 

この小野さんの本は実践テキストとして、実際の旅の準備などの参考に使い、もっと漠然と巡礼が気になる程度の人は、巡礼の意味あいや不思議な力みたいなものをとても魅力的に書いている女優のシャーリー マクレーン著の「カミーノ ― 魂の旅路」をまず読むのがいいと思います。私の中でもとても印象深い一冊になっています。

 

いつか人生に疲れた時には、ここに行こうと思うところがあれば、なんとなく、明るい気持ちになれるような気がするのは私だけでしょうか。

 

人生に疲れたらスペイン巡礼 飲み、食べ、歩く800キロの旅 (光文社新書)

人生に疲れたらスペイン巡礼 ; 飲み、食べ、歩く800キロの旅

/ 小野 美由紀

東京 : 光文社 ,  2015

18cm  ,  234p

 

 

 

 

第63号:やはりナポリ・・・「 ナポリの物語3『逃れる者と留まる者(原題Storia di chi fugge e chi resta)』」

エレナフェッランテの待望の第3巻が発売になり、楽しみにしていたのですが、やっと読みました。

 

あらすじを少し・・・

第2巻のリラの夫婦生活の破綻、イスキア島でのニーノとの蜜月の末に、リラがニーノには秘密で出産した息子。リラとその息子の庇護を買って出て一緒に暮らし始めた友人エンツォとのナポリでの生活。

 

エレナ・グレーコこと通称レヌッチャはフィレンツの名家の若くして教授になった夫ピエトロのフィアンセ時代から第3巻はスタート。ナポリの実家に婚約中一時期に帰っているがその時は、リラのことは気になりつつも距離を置き、その後結婚してフィレンツェで生活が始まると電話でリラと話をしたり、連絡を取り始める。

 

リラは、イスキア島でニーノの友人として出会ったソッカーヴォ家のハムなどの加工工場で劣悪な労働環境の中働いていた。日本も60年代に日米安保学生運動が盛んだったように、第2次大戦後、中道政治からスタートしたイタリアも1970年代~80年代にかけて右と左が対立し、政治的に不安定な状況にあった。リラはソッカーヴォに反発し、学生が労働争議を持ち掛け、その矢面に立ったり、つらい状況が続いていた。

 

レヌッチャはリラに遅れて子供を身ごもり、さらにもう1人も生まれ、家事に追われるようになり、文章が書けずに、処女作のような話題性のある文章が書けなくなっていた。

 

レヌッチャが作家としても名声を失いかけ焦りを感じ始めていたころ、リラはエンツォとともにIBMの技師となり、持ち前の機転をきかせて活躍し、収入も上がっていく。

 

ナポリの地元でずっとリラを好きだったミケーレ・ソラーラが、予想以上に誠実にリラを愛し続けていたことが、幼なじみで妻のジリオーラからレヌッチャに明かされ、リラを雇いたいと懇願したミケーレを長年嫌っていたリラがそれを受け入れたり、兄のマルチェッロ・ソラーラがレヌッチャの妹エリサと婚約したり、思いがけないことが起こっていた。

 

そんなおり、大学に勤める夫が大学の同僚として、ニーノを家に連れてくるようになり、10日間の逗留で、レヌッチャとピエトロの家から大学に通うことになった。

 

逗留の最後の日に、レヌッチャはニーノと結ばれ、ニーノと共に短い旅に出るとピエトロに告げ、旅に出るところで、第3巻は終わる。

 

第1巻、第2巻のときよりも、さらに衝撃の結末で、次作が気になって仕方のない終わり方でした。

 

フィレンツェに住み安定した教授夫人に見えるレヌッチャも、結局は思想も行動もナポリ時代に帰属してしまうのかと少し残念な気持ちになったりしました。

 

女の友情って、ライバル心とノスタルジー、純粋なるものも入り混じって大変なのね〜と感慨深く思ったり。ストーリーとしては非常に面白く先が気になってしょうがないので、早く次がでないかな・・・

 

 

逃れる者と留まる者 (ナポリの物語3)

 

逃れる者と留まる者 / エレナ・フェッランテ著 ; 飯田 亮介訳

東京 : 早川書房 ,  2019

527p ,  19㎝. - (ナポリの物語 3)

著書原綴:Storia di chi fugge e chi resta

著者原綴: Elena Ferrante

 

第62号:THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL に入居希望・・・「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

フィンエアーの機内で暇つぶしに、映画「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 」を見て、とてもこの映画を気に入って、帰国してから、第1作目の「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」を急いで見ました。その後、本でも読んでみたいと、同名(原題「THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL」)の小説を読みました。

 

マリゴールドホテルは、インド(小説ではバンガロール)にあり、元ホテルを改装して作った簡単に言うと老人ホームのことです。英国各地からそれぞれの事情を抱えて、遠路はるばるインドのバンガロールのマリゴールドホテルへやってきた高齢の男女が英国とは全く違う文化、気候、人が多く、活気あふれる雰囲気のなか、徐々にインドでの生活に溶け込み、生きることへの意力を取り戻していくストーリーです。小説には、それ以外に入居者たちの息子や娘の人生も絡んで、彼らにとってもこの地が人生の分岐点になったりもして、サイドストーリーもそれぞれ面白いです。

 

映画と小説では、舞台となる場所(小説はバンガロール、映画はジャイプールらしい)やストーリーや役柄設定も少し違っていますが、どちらもなかなか面白いです。

 

映画は名優ぞろいで、夫を亡くして海外にはほとんど出かけたことのなかった未亡人で、マリゴールドへ来ることになったイヴリン・グリーンスレイド役をジュディ・デンチ、妻と一緒に来るはずだったが妻はインド行きを嫌がって1人でくることになったダグラス・エインズリー役をビル・ナイ、股関節手術を受けにインドにやってきたミュリエル・ドネリー役をマギー・スミスなど、英国の映画やドラマで誰もが必ず見たことのある俳優ばかりです。

 

私は、インドには添乗でも行く機会がなかったですし、いままで全く興味を持ったことがなかったのですが、インドに行ってみたくなりました。もちろん、バンガロールに行っても、マリーゴールドホテルが本当にあるわけではありませんが、映画で見るあの活気と賑やかさを味わってみたいです。

 

いま私が一番行きたい旅先はインドです。

 

そして、もし老後にマリーゴールドホテルのようなところがあれば、本気で行ってみたいとも思うのでした。

 

マリーゴールド・ホテルで会いましょう (ハヤカワ文庫NV)

  • マリーゴールドホテルで会いましょう / デボラ・モガー著 ; 最所 篤子訳
  • 東京 :  早川書房  , 2013
  • 517p , 16㎝
  • 原題名綴り:THE BEST EXOTIC MARIGOLD HOTEL

 

こちらがDVDで、1作目と2作目。

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [AmazonDVDコレクション]

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 [AmazonDVDコレクション]

第61号:ロカ岬へは、切手を持参して!・・・「ここに地終わり海始まる」

明日から未曽有のG.W.10連休!恐ろしい・・・!

これから旅に出るお客様を抱える身としては、日本からドキドキはらはらの連休です。みんな揃って10連休って、生まれて初めての出来事ですしね。ヨーロッパを担当する身としては、24時間体制になると覚悟の上です。

 

さて、遅ればせながら、3月末に、ポルトガルフィンランドに仕事も兼ねつつ、旅してきました。世代が異なる同行者(10歳の息子と20歳の甥と19歳の姪)がいたので、まあ疲れました。それでも見たいところは私の特権としてできるだけ見てきました。

 

今回の旅の目的の1つだったヨーロッパ最西端のロカ岬に行ってきました。

第29号でも書きましたが、宮本輝氏が書いた小説「ここに地終わり海始まる」で、ある青年がロカ岬から軽井沢の療養所にいた主人公志穂子へ送った1枚の葉書のエピソードが忘れられなかったこともあります。

 

「1日も早く病気に勝って下さい」という言葉が添えられたその葉書によって、志穂子の治る気配のなかった結核が治り、退院できたという奇跡を、主人公はその葉書によるものだと思うんです。

 

f:id:yukingiida:20190426082442j:plain

ユーラシア大陸最西端到達証明書 €11

 

そんな奇跡が起こったかもしれない葉書を私もある夫の介護に苦労している長崎の友人へ(友人というのははばかられるかもしれませんが86歳)送ろうとしたのです。

 

しかし、ポストはあったが切手を売っているところがなかった・・・

インフォメーションやカフェ兼土産物屋でも聞いたのですが、ないと言われてしまって、シントラ駅の売店でもないと言われ、意外と切手は売っていないので、早めにリスボンの郵便局等で買って持参することをお勧めします。

 

とはいえ、ポルトガル人であれば、誰もが知っているという詩人ルイス・デ・カモンイス叙事詩ウズ・ルジアダス』の一節である

ここに地終わり海始まる

ポルトガル語:Onde a terra acaba e o mar começa)

f:id:yukingiida:20190426085409j:plain

ロカ岬



この地に立ってみると、なんだか納得という感じがしました。

百聞は一見にしかず、やはり立ってみて感じたことが真実なのかもしれません。

 

ここに地終わり海始まる / 宮本 輝著

東京 : 講談社 ,  1994 初版

 

第60号:1980年という年・・・「ボローニャの吐息」

2017年に発行された内田洋子さんの「ボローニャの吐息」は、ジャケ買いならぬ表紙買い&タイトル買いしてしまった本である。

 

タイトルは、ボローニャ?と思い、よく見ると表紙はボローニャの屋根付きアーケード「ポルティコ」と煉瓦の聖堂の夜の様子を撮影したもの。

 

読んでみると、ボローニャの話は一向に出てこずに、ミラノやロードス島などの短編が続く、それはそれでどの話も滋味深く面白い。でも、それが全く関係ない話でなく、つながりがあるので、さすが内田さんだと思う。

 

そして、最後から2つ目の短編のタイトルに「ボローニャの吐息」が出てくる。

 

ボローニャは、ずいぶん前にもう14,15年前だろうか、友人が留学しているのでボローニャに出かけていって、2週間弱過ごした。ボローニャを起点に、ラヴェンナフィレンツェパルマ、チンクエテッレなどにショートトリップに出かけた。

 

3月の最後の週末にかかっていて、その年は、イースター(パスクワ)で、夏時間にも変わるというちょうど春を迎えるという雰囲気の時期だった。

 

友人とは、パスクワにチンクエテッレに1泊で出かけ、彼女は学校が忙しかったので、1人で近辺の町に右往左往と出かけた。

 

どこに行くにもボローニャ駅を利用して、この「ボローニャの吐息」に出てくる、1980年のボローニャ駅爆破テロの碑の脇を通りながら、この駅にそんな惨劇があったことが信じられないという思いで眺めつつ通り過ぎていた。

 

内田さんの「ボローニャの吐息」では、もう一つの同じく1980年にボローニャパレルモ行きのイタビア870便の「空対空ミサイル」による空中爆発の機材がボローニャ郊外に「鎮魂の芸術」として展示されている話を読んで、先週第59号で書いた初めて私が知ったイタリア統治後のリビアとの複雑な事情等があった1980年であったことが、線としてつながった。どちらも多くの命が無差別に奪われ、そこまでの主義主張とはどういう意味があったのかさえも判然とせず、どちらもいまだ解決しないまま時が経ったことを改めて知る。

 

ボローニャの吐息」という一見するとセンチメンタルで甘い印象だったタイトルがこのような内容で、私にとっては先週の本とつながるのは何か意味があるのかなと考えてしまった。

 

ボローニャの吐息

ボローニャの吐息 / 内田洋子著

東京 : 小学館 , 2017

365p ; 20㎝