第53号:ヴァカンツァはイスキア島へ・・・「ナポリの物語2 『新しい名字 (原題Storia del nuovo cognome)』」

エレナ・フェッランテ著のナポリ物語シリーズの第2巻の『新しい名字』(原題 Storia del nuovo cognome)を読みました。

 

待望の第2巻です。イタリアでは2012年に発刊されていたようですが、日本では今年2018年5月に発刊されました。私はうっかりリサーチ忘れで、すでに発刊されていたことを知らずに過ごしていました。

 

私のフランス語の先生(フランス人と日本人のハーフ)によると、フランスでもベストセラーだったようです。アメリカのHBOでもドラマ化されたという話も聞きました。彼女もこの本をすでにフランス語で読んでいたので、意気投合してしまいました。

 

以前、このブログでも書きましたが、第1巻は主人公エレナ・グレーコ(通称レヌッチャ)と幼なじみのリラの二人のナポリでの成長物語。後半はリラの結婚が中心となり終わりました。もちろん、そこへの道のりは読みごたえがあり、読者を飽きさせてない展開です。

umemedaka-style.hatenadiary.jp

第2巻は、その続きが展開します。リラは新婚旅行でアマルフィに出かけ、そこでも、夫と全てにおいて分かり合うことができない悟ってしまいます。不仲な状態は続き、子宝にも恵まれず周囲からも揶揄されます。(1960年代のナポリを舞台にしており、いまよりも保守的な考えが一般的だった時代の話です。)

妊娠できないリラには海がいいと医師に薦められて、夫ステファノも海に行くことを薦めるのでした。

 

リラは、学生をしているレヌッチャにも、その海での保養への同行を懇願します。当初予定のナポリ近郊の海岸ではなく、レヌッチャが行きたいと言ったイスキア島に家を借り、夏の間滞在することを決めました。

 

そこで、リラとリラの兄リーノと結婚して妊娠中の義姉ピヌッチャとリラの母で、ピヌッチャの義母であるヌンツァとレヌッチャの4人でイスキア島に出かけることになりました。夫のステファノと、リラの兄で、ピヌッチャの夫リーノの2人は週末に妻たちの元に通うという夏が展開します。

 

レヌッチャがイスキア島に行きたいと言ったのは、第1巻でも出てきましたが、同じ地区の出身で幼なじみでもあり(すでに地区は離れていましたが)、高校の先輩で学年一の成績で卒業したニーノがこの夏もイスキア島に行くからおいでと声を掛けられていたからでした。

 

そして、レヌッチャ、リラ、ピヌッチャが滞在したのはチターラの浜の近くで、毎日海に出かけていくのでした。そうするうちに、レヌッチャはどうしてもニーノと会いたくなり、彼の家族の持つ別荘のあるバラーノやマロンティの浜の近くに出かけていきます。そして、ニーノとの再会を果たします。

 

イスキアでは、ニーノは父親と不仲なため、フォーリオに別荘を持つ友人と過ごす日が多くなります。その友人でサラミ工場を経営する一族のブルーノともに、ニーノはレヌッチャやリラたちがいる浜まで遊びに来るようになります。

 

ほぼ毎日彼らと楽しく親しく過ごすうちに、ピヌッチャはブルーノへの恋心を自分自身で心配してナポリに帰ってしまい、リラとレヌッチャとニーノとブルーノで過ごす時間が始まります。レヌッチャが憧れていたニーノは、最初こそリラとは距離を保っていたものの、昔からリラのことを想っていたというニーノとリラは一気に距離を縮め、烈火のごとく愛し合うようになってしまうのでした。

 

ナポリに帰ってからも、二人の熱は冷めず、リラとニーノは密会を続け、ついに別の地区で駆け落ちのような生活を始めますが、1か月程で破綻。リラは夫ステファノの元に戻ります。そして、ニーノとの子供を妊娠、出産し、夫ステファノと諍いながらも母親業に専念します。でも、そんな時間も長くは続かず、歪みのできた夫婦の関係は元に戻ることもなく、ステファノにも愛人が出来てしまいます。(愛人も元カレも何も全部、もともと同じ地区に住む人たちの中で展開します)

 

レヌッチャは、ニーノへの想いがかなわぬものとなり、そんなおり成績の優秀だった彼女は、学生寮付きのピサの大学への入学が許可されます。そして、ナポリから離れ、単身ピサで大学生活を送ることになります。

 

リラとレヌッチャが会わなかった時間も長く、会わなかった時間に関しては、周囲の人々からの話を総合して、レヌッチャは知ることとなりますが、リラとレヌッチャは、レヌッチャの帰郷のタイミングで会うこともあれば、会わないこともあります。お互いの痛みを理解したり、時には批判的に思い距離を置いたり、でも再会するとわだかまりもなく受け入れられたり、という時期を繰り返しながら二人の関係は続いていくのでした。

 

第2巻もこの先の続きを感じさせる形で終わります。第1巻の冒頭が、リラが居なくなったことを、息子のリーノがレヌッチャに伝えてくる電話で始まっているので、この先、どんなことが起きて、第1巻の冒頭の電話までたどり着くのか、読者は気になってしょうがないのです。

 

そして、あの夏にリラとレヌッチャ(ピヌッチャとヌンツァと同行)がヴァカンツァのシーズンを過ごしたイスキア島は彼女たちにとって、とても美しく楽しい時期として、この物語で印象的に描かれるのでした。

 

このイスキア島について、少し。

イスキア島はナポリの沖にあり、温泉が湧くことでも有名です。

とはいっても日本の方には距離感がつかみずらいのでお伝えすると、ローマとナポリは車で約2時間程、ナポリの港からイスキア島へはフェリーで2時間程です。

 

距離感としてイメージすると、東京から少し離れた熱海をナポリとイメージすると、熱海から夏場だけ出ている神津島行きのフェリーに2時間弱乗船するようなイメージです。

 

さらに、熱海から陸路で海沿いの道を1時間半程、下田へ向かうのが、ナポリアマルフィの距離感に似ています。

 

このくらいの距離間でも、イタリア人はヴァカンツァ用の家を月単位で借りて、海辺で夏を過ごす。イタリア人の誰もがというわけではありませんが、何とも優雅な夏の習慣ですね。

 

日本人の生活もこのように変われば、もしかすると地方の活性化もあるのではないかとふと思います。

 

新しい名字 (ナポリの物語2)

新しい名字 / エレナ・フェッランテ著 ; 飯田 亮介訳

東京 : 早川書房 ,  2018

624p ,  19㎝. - (ナポリの物語 2)

著書原綴:Storia del nuovo cognome

著者原綴: Elena Ferrante

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第52号:I LOVE 神保町・・・「珈琲が呼ぶ」

片岡義男さんの「珈琲が呼ぶ」で、私にとっては、懐かしの神保町の「ミロンガ」と「ラドリオ」が出てきました。

 

大変勝手ながら私と神保町について。

神保町という町について、初めて他人から熱く語られたのは、埼玉の県立高校に通っていた高校生の時。その当時付き合っていた年上の彼氏が神保町が大好きだということで、その魅力を語られたのことが記憶に残っている。彼の大学が神保町からほど近いところにあり、文学青年であった彼は学生時代に足繁く神保町へ通っていて、その当時も時間があれば、神保町に行くという話だった。

 

でも、その当時の私は、今ほど本も読まなかったし、神保町にデートに連れていかれたこともない。私はたぶんそういう点では彼にとって不適格者だったのだと思う。

 

その後、何年かして、その彼とはすっかり別れたころに、私は3,4年になり、校舎が変わり、その彼が通っていた大学と目と鼻の先にある女子大へ通う。もちろん神保町にもほど近かった訳だけど、特に神保町へ行くこともなく大学時代を終えた。と書きながら、いやいや、大学時代のあらたな彼氏は、神保町駅を使って大学に通っていたので、神保町はよく通過していたが、水道橋側だったので、スズラン通り側に行くことはほとんどなかったと記憶している。

 

大学を卒業して、初めて就職した会社が神保町にあり、それから異動になるまでの2年間を神保町で自分的には濃密な時間を過ごしたと思う。

 

平日は毎日、朝9時半から23時近くまで猛烈に神保町で働いた。ランチはスズラン通り周辺にいそいそと出かけ、どうせ残業だからという感じで、営業に出るついでにゆっくりランチをしていた記憶があり、そんな昭和な働き方の時代だった。

 

懇意にしている先輩や同僚と、他の誰にも会わずに、安心して密談をするときに、よく「ミロンガ」が使われた。私の会社のあった一ツ橋方面から行くと路地の右手が「ミロンガ」で、左手が「ラドリオ」だった。両方の店は、はす向かいになっていて、数十歩程度の距離にある。

 

会社の人が「さぼうる」あたりにはいることが多いので、秘密の話は「ミロンガ」で、となるわけだ。若くて、モウレツ社員で、なにか熱かった20代の頃の話。

 

今回、この本の中の写真を見て、なんとも懐かしい神保町への気持ちが蘇ってしまった。この本の中には、(神保町ではないけれど)DISK UNIONの話も出てきて、神保町のDISK UNIONも当時ジャズ・ボサノバの品ぞろえよく、よく出かけたなあと懐かしく思う。

 

11月の文化の日の前後は、毎年「かんだ古本まつり」が行われる。この古本まつりは本だけでなく、食べ物の出店も出て面白い。思いがけない本に出会えて、出版社も周辺にあることもあって、新刊やガイドブックなども安く出ていることもある。

 

私も神保町の話を他人事として聞いていたころはなんとなく、古書店の足を踏み入れがたい雰囲気と相まって、自分から神保町へ足を踏み入れる気がしなかった。

 

期せずして勤務することになり、通ってみると、奥が深い。チェーン系列でないオリジナルな魅力的な店が多い。元は中華街だったこともあり、美味しい中華の店が多いのもいいし、本の町らしく、本を読むために立ち寄りたい喫茶店がもともと多い。

 

私の青春も詰まっていて、大好きです神保町。

 

珈琲が呼ぶ

珈琲が呼ぶ / 片岡 義男著

東京 : 光文社 , 2018

p347 ; 19㎝

 

 

 

 

 

 

 

第51号:「六月の雪」とは・・・台南

2018年5月に発刊された乃南アサさんの「六月の雪」。

 

台湾の台南を舞台にしている。

主人公杉山未來は、祖母と二人で東京で暮らしている。両親は仕事の関係で、福岡で暮らしている。

 

未來は、アニメの声優を目指していたが諦めて、派遣社員で働いていた。派遣の3年の契約が終わる日、帰宅をするとうたたね寝していた祖母は台南の夢を見ていたという。

 

祖母は台南で生まれ、終戦になる16歳までこの地で暮らしていた。その時の記憶をいとおしそうに話した祖母。未來は、その日初めて祖母の生い立ちを知る。写真を取りに行くと2階に上がろうとして転倒し、そこから入院することになってしまった。

 

未來は、台南に行くことにする。祖母が暮らした場所を祖母の代わりに未來が見つけて、写真などで祖母に見せてあげたいと考えていた。

 

父の知り合いで現地で迎えてくれたのは、季怡華(リイカ)だった。無表情で考えていることがわかりずらい。未來は、彼女のことが気に入らない。季怡華と旅がスタートしたものの、季怡華が急用で戻ることになり、その後、季怡華と対象的な明るく屈託のない洪春霞(コウシュンカ)が旅を手助けしてくれ、さらに春霞(未來はかすみちゃんと呼んでいた)の友達の建知(ケンチ)や彼の高校の先生だった林(リン)先生が日本統治時代の歴史に詳しいということで協力してくれた。

 

仲間たちができ、少しずつ、祖母が通った学校や住んでいたエリアを見つけることができる。祖母が住んでいたと思われる家に住む劉がこの家で波乱万丈の人生を送ってきたことも知ることになる。

 

そして、いろいろな人と出会い過ごしていくうちに、祖母が言っていた「六月の雪」に辿り着くことができる。

 

後半になって、季怡華(リイカ)がなぜ無表情になったかという訳を意味することを、彼女が未來に話し始める。

 

終戦とともに、50年続いた日本統治が終わり、中国大陸から国民党の人々が入ってきた。台湾の人々は「犬(日本人)が去ってブタ(国民党)が来た」と評したという。その時代から一気に反日教育が行われ、いままで使っていた日本語も台湾語も禁止となり、中国語を話すように統制された。38年間にも及んだ長い戒厳令で、人々は思っていることを人前では話させなくなったという。春霞よりも年上の季怡華(リイカ)の世代になるとそういう時代の習慣が身についてしまっていると言う。

 

夢に破れて、何かの目標もできないまま30代を迎えていた未來は、この旅で台南での人々との出会い、林先生への淡い恋心をはぐくみ、日本に帰国後も台湾に留学し、中国語を学ぶという目標ができ始めていた。

 

そして、暖かい台南を舞台に「六月の雪」とは?

これは読んでからのお楽しみです。

 

六月の雪

六月の雪 / 乃南 アサ著

東京 : 文藝春秋    ,  2018

509p ; 20㎝

 

 

 

 

 

 

 

第50号:知らなった台湾・・・「流」

2015年に芥川賞を又吉さんが受賞した時に、直木賞を受賞した東山彰良さん。

彼のルーツである台湾を舞台にした「流」。

 

その頃、お気に入りだったBS日テレの「久米書店」に東山さんが登場されていたので、この本を読んだのでした。

 

長期にわたり戒厳令が続く1975年の台北でかつて国共内戦で戦った主人公秋生(チョウシェン)の祖父が殺害される。

 

「高校生だった秋生の人生は大きく揺れ動き、秋生は日本、そして家族のルーツの中国へ流れていく。」

2015年5月17日掲載 読売新聞よみうり堂から引用

 

この本を読んで、一般的な日本人が思い描く、今の台湾に見る親日的で、かつては国民党の蒋介石が率いて中国大陸とは一線を画する民主的な国家を作ったと言う印象と、うーむ、それだけの印象とは、ちょっと違うのかもと思いはじめる。

 

この本の中では、戦争において、下々のものは、主義、主張、思想や哲学などなく、場当たりでどちらにつくか決めるものであったという。

 

そして、殺害された秋生の祖父も、国民党、共産党との戦いで、たまたま国民党についた。そして、ある村の人々を惨殺した首謀者だった。そして、台湾にわたり、平穏に生活していた、ある日突然殺害された。

 

殺害したのは、祖父が殺害した王一家の息子であり、祖父が家族にも事情は内密にし、育てた男だった。祖父はわかっていて、可愛がり、生きながらに罪を背負っていたという。

 

戦前、台湾が日本であったことも事実。沖縄についても、台湾についての歴史もちっとも知らない自分がいる。

 

流 (講談社文庫)

流 / 東山 彰良 著

東京 : 講談社(文庫) ,  2017

512p ,   15cm 

 

 

 

 

 

 

 

第49号:本の行商人たちに捧ぐ・・・「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」

以前、このブログの第22号で、内田洋子さんの「十二章のイタリア」の中で、特に印象に残った一章として、「本から本へ」というタイトルの章を取り上げました。

umemedaka-style.hatenadiary.jp

その本の行商の村モンテレッジォに関わる話が、今年2018年4月に、1冊の本として、さらに詳しく、写真をまじえて書かれています。

 

あの「十二章のイタリア」の中で、どうしても気になって、忘れられずに印象に残った人は私以外にもたくさんいたと思います。この本を手にしたときに思わず小躍りしてしまう気持ちになりました。

 

私自身、海沿いのラ・スペッツァまでは行ったことがあるけれど、リグーリアの海から内陸に50㎞入ったモンテレッジォという村がいまいち想像ができないでいました。リグーリアから内陸に入った、3つの州の州境にあるものの、かろうじてトスカーナに属するそれでも、行くのにとてつもなく不便な山中に本に関わる村があるなんて。

 

山奥の小さな村は、イタリアでは毎年よく売れた本に与えられ、本選びの指標にもなるという"露天商賞"(日本の本屋大賞みたいなイメージだろうか)の発祥の地だという。

 

かつてこの村の人々は、小麦もオリーブも取れない山間部で、唯一ある石と栗を籠に詰めこみ、活版印刷(1445年)がグーテンベルグにより発明されたあと、村の近くを通るフランチジェーナ街道を辿って、フランスやスペインまで足を延ばし、空で帰るのはもったいないから帰り道に本を預かり受けて売り歩きながら帰路を辿ったという。

 

小さな村の石のレリーフには、あふれ出さんばかりの本を籠に入れた行商姿の男性の姿が彫られている。

 

この村の本の行商が本格的に始まった1800年代、本は知識人たちだけのものでは無くなり、もっと裾野の人々に広がりつつあった。また、北イタリアは、ナポレオン統治時代、オーストリア(ハプスブルグ帝国)の統治という時代を経ており、民族運動の高まりの中、革命家たちへも秘密裏に本は届けられた。ローマ教皇が禁止するような過激な内容の発禁本なども、禁止されればされるほど、民衆は欲しがるということもあったようだ。

 

今の時代も、情報が一番の価値を生むように、当世の最新の情報や、思想、それだけでなく娯楽という情報源も、人々が本を欲する大切な要素だったのかもしれない。いつの時代も人が求めるものは、形を変えても近いものがあるのかもしれない。

 

内田さんは、この村を、偶然この村出身のベネチア古書店の主人から知ることになる。居心地のいい、そして本に詳しく、店主にも会いたくなって通ってしまうような古書店

 

モンテレッジョ出身のかつての行商の末裔たちはこの村を離れても、本に関わる仕事をしているという。ああ、なんて素敵な話なんだろうと思う。

 

本書P.198引用「本の行商とは、本を売るだけではなかったようだ。現代の書店が、本を売るだけの場所ではないように。」

 

もし、私の夢がかなって古書店になれたら、そんなベネチア古書店のような店ができたらいいのと思う。そして、モンテレッジォの本への精神を見るべく一度は訪れてみたいと思う。

 

モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

モンテレッジォ : 小さな村の旅する本屋の物語

/ 内田洋子著

東京 : 方丈社 , 2018

P.346 , 20㎝

 

 

第48号:知らないとは恐ろしい・・・「サラの鍵」

久しぶりに、衝撃の内容とストーリーテリングの素晴らしさに感心した1冊でした。

 

タチアナ・ド・ロネ著「サラの鍵」。

2010年に日本で発行された時点で読もうと思いながらも、すっかり忘れて数年が経過していました。友人が読んだと教えてくれたことで思い出して、読みました。

 

この本の中では、フランス人でも知らない人が多いという“ヴェロドローム・ディヴェール(冬季自転車競技場)”(略してヴェルディブ)の一斉検挙にかかわる出来事が書かれています。

 

1942年7月16日にパリの中心で、ユダヤ人の女性、子供を中心に検挙された。それまで男性が検挙されるケースが多く、女性や子供にその検挙が及ぶとは思ってもいなかったという背景もある。この自転車競技場に一旦集められ、ボーヌ・ド・ロランド等の収容所を経由して、大人たちはアウシュビッツへ送られたという。12歳までの子供は、親と引き離され、パリ郊外のドランシー収容所に戻され、別のユダヤ人の収容された大人と組まされ家族に見せてアウシュビッツへ送られたという。世論の反感を買わないために巧妙に仕組まれていた計画だった。

 

その検挙を行ったのがナチスドイツのドイツ人でなく、市民を守ると信じていたフランス警察だったということ、両親がユダヤ人の外国籍だとしても、フランス生まれのフランス国籍である子供も検挙されたことが、このヴェルディブの大きな問題だった。

 

自由と博愛の国には似つかわしくない過去で、戦後、公にされることのない事実だった。それが、シラク政権の時に、正式に謝罪が行われた。

 

本書では、ユダヤ人でその検挙にあった10歳の少女サラ・スタジンスキと、アメリカ人でパリに移り住んだジャーナリストであるジュリア・ジャーモンドの目線で書かれた文章が交互に展開し、後半はこのヴェルディブとサラの後年について追求していくジュリアが語るという形になっている。

 

サラはボーヌ・ド・ロランドで収容所から逃げることができ、命は助かったのの、すべてを失ったといってもいい。サラについて知ることで、ジュリアを含め、その時代の過去とサラを知る人たちも大きく動揺し、何かが変わってしまうほどの力をこの出来事は持っていた。

 

サラは、一斉検挙の際に、すぐに戻ってこられると思って、弟を納戸に隠した。そして、すぐには帰ってこられなかった。やっとパリに戻ってきた時には、サラのアパルトマンの部屋には、ジュリアの婚家のテザック家の人々が住んでいた。サラは、後年単身アメリカに渡って一見幸せそうに暮らしたが、ずっと心の鍵をかけたままだった。

 

知られざる出来事の恐ろしさと、それでも最後まで目を背けずに読むことができるようにストーリーテリングされていることが本当にすごい1冊だと思った。

ユダヤ人の一斉検挙だけの内容であれば、その後の惨い結末を思って、もしかしたら、私は途中で読むことができなかったかもしれない。

 

それにしても、これもパリの顔。

でも、この出来事について書かれた銘碑が町の中に残されていることがフランスのすごいところだと思う。

 

また、この小説の中では、サラを助けたデュフォール夫妻という協力者があったように、「隠された子供たち」として少し前にテレビで、フランス人の協力者によって助けられた両親がユダヤ人であるがフランス国籍で、当時14歳だった男性のことが放送されていたが、そのような協力者がたくさんいたことも事実である。

 

 

 

サラの鍵 (新潮クレスト・ブックス)

サラの鍵 / タチアナ・ド・ルネ著 ; 高見 浩訳

東京 : 新潮社 ,   2010年

20cm ,    p423

 

 

 

 

 

 

 

第47号:小説でしか知らない芦屋・・・「ミーナの行進」

小川洋子さんの書いた「ミーナの行進」を読みました。

 

主人公朋子が、伯母家族の住む芦屋の家に、小学校から中学校へ上がる1年間過ごした様子が描かれています。従妹のミーナは、体が弱く、色の白い美少女。彼女とも打ち解けて過ごす様子がかかれています。

 

六甲山があるので、海からの暖かな風がとどまり、住みやすい高台の洋館のようなイメージで書かれています。時期は1972年。冒頭ではそのお屋敷はすでになく、回想するような形でかかれています。

 

主人公朋子は、父親をなくし、2人暮らしだった母が、東京の洋裁学校で学びなおすため、岡山から単身、この叔母を頼り、芦屋の家に来るわけですが、伯母の夫である伯父の一族は「FRESSY」という健康飲料を販売する創業者一家で、そこには一人娘で従妹にあたるミーナ、ドイツから嫁いだローザおばあさん、住み込みで勤める米田さんという魅力は触れる人たちも住んでいて、みんなが朋子に親切にしてくれます。

 

米田さんは住み込みの家政婦さんですが、ローザおばあさんが異国の地に嫁いで過ごすのを支え続け、一家の司令塔ともいえる存在で、みんなが一目置く存在です。そういうフラットな関係性もいいし、当時にしては、生活スタイルも西洋風でクリスマスなどは本格的なドイツ風のクリスマスパーティーが行われたり、朋子の目からその時代に珍しい新鮮なものであったことが伝わります。

 

この芦屋の風景は、何とも素敵で、私は芦屋には行ったことがありませんが、須賀敦子さんの小説や谷崎潤一郎の「細雪」の舞台として出てくるので、その雰囲気とオーバーラップするのでした。(もちろん、村上春樹さんも)

 

須賀敦子さんの描く小説の風景も、「細雪」の次女幸子が住み、雪子やコイさんが居心地よく居候する芦屋の様子もたんなる高級住宅街というだけでなく、なんとなく関西弁とあいまって、関東の人間からみるといい意味で明るくて、飾り気のない印象で描かれており、町の風景とともに、なんとなく素敵なのです。

 

この「ミーナの行進」でも、物語の風景の大きな要素として、芦屋の町がでてきます。旅行で見に行きたいという気持ちはあまり出ませんが、小説の中で、旅してみるのがいいのかもしれませんね。

 

ミーナの行進 (中公文庫)

ミーナの行進 /  小川 洋子著

東京 ; 中央公論新社 , 2009

15cm / 348p