umemedaka-style’s diary

本と旅をつなぐブログ

第125号:旧李王家東京邸・・・「李王家の縁談」

2021年11月に発刊された林真理子さんの「李王家の縁談」を読みました。

明治末期から戦後までを、梨本宮伊都子の目線で書かれた小説です。梨本宮伊都子は日記を残したことで知られています。

 

現在は断絶した梨本宮ですが、伊都子は鍋島家から梨本宮守正の元へ嫁いでいます。この小説の中では、伊都子には2人の娘がおり、出来れば宮家との縁談をと望みながら、妥協もしながら、縁談相手を見つけていきます。宮家の縁組みというのは、その双方の年格好や家の格やその他複合的な要素があり、なかなか難しいことがうかがえます。

 

そして、長女の方子(まさこ)を本当は日本の宮家へ嫁がせたいとは思いつつ、朝鮮王朝の李王家の王世子の元へ嫁がせることにします。日韓併合を機に王世子は日本におり、日本語も堪能です。「日朝融合の証」という大義と日本と本国から潤沢なる資金が送られているのも魅力の一つだった様子がうかがえます。

 

しかし、時代は明治から大正へ移り、関東大震災なども起こり、朝鮮人への差別やデマが強くなっていく様子があり、なかなか難しい立場にあることがわかります。

 

王世子と方子のチューダー様式の洋館はいまも残っています。旧赤坂プリンスホテル、現在の東京ガーデンテラス紀尾井町の東側に現存し、赤坂プリンス クラシックハウスと呼ばれ、ウエディングなどで使われています。ここは太平洋戦争の時にも壊れることがなかったそうです。

 

V字型をした旧赤坂プリンス(赤プリ)が建て直されてから、もうだいぶ建ちますが、赤プリといえば、私は大学の卒業謝恩会の会場でした。大学が中途半端なせいか、会場も少し中途半端感があり、らしいなあと思った記憶があります。

 

でも、その裏手にこんな素敵な洋館があったなんて、この本を読むまで知るよしもありませんでした。

 

私の祖父の代には東京にいたようですが、さらに系図を辿ると会津若松につながります。賊軍とされてしまった会津藩、それ以外の東北の藩の人たちの事も考えてしまいました。

 

李王家の縁談

李王家の縁談 / 林 真理子著

東京 : 文藝春秋 , 2021.11

p247 ; 20cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第124号:世界一の本の街 神田神保町・・・「古本食堂」

原田ひ香さんの本は2冊目です。1冊目に読んだ「三千円の使いかた」がとても面白かったので、この2冊目「古本食堂」を読みました。なんといっても、私の将来の夢は古書店を経営することなので、古本、古書というキーワードには反応してしまいます。

 

さて、この本には2人の女性が出てきます。大学院生の美希喜ちゃんと、彼女の大叔母にあたる珊瑚さん。

 

珊瑚さんのお兄さんの滋郎さん(美希喜ちゃんの大叔父)がこの神保町(スズラン通りから1本入ったところ)で古書店を経営していましたが、独身のまま急に亡くなってしまって、その店をどうするかという状態になり、妹の珊瑚さんが帯広から出てきました。

 

珊瑚さんは、滋郎さんの住んでいた高円寺の家に住み、神保町のこの古書店をとりあえずは再開させます。美希喜ちゃんは、神保町にほど近い大学院に通っていて、もともと滋郎さんの時にもこの店にも来ており、珊瑚さんをサポートします。

 

そんなにたくさんお客さんが来るわけでもないのですが、ちゃんとお店は支持されていて、周りの人びとの言葉から滋郎さんがとても愛されていたことがわかります。亡くなっても、みんなが口にする滋郎さんのいろいろエピソード。そんな風に生きたいものです。珊瑚さんも、美希喜ちゃんもなかなかの読書家で、なかなか素敵です。

 

そして、神保町の名店の料理がたくさん出てきます。コロナ禍の時代ということもあるせいか、テイクアウトで古書店の中で食すシーンも結構出てきます。ボンディのカレー、揚子江菜館の焼きそば、ろしあ亭と思われるピロシキなど。

 

珊瑚さんと珊瑚さんの気になっていた東山さんが、東京で再会するシーンでは靖国通りにあるランチョンが出てきます。

 

あー、麗しの神保町。今すぐにでも行きたくなります。

 

最後に、私がこの本を読んで少し驚いたことは、この本に出てくる美希喜ちゃんの通う「神保町の近くにある、O女子大」。それって、私の母校??と思い、原田ひ香のWikipediaをみたら、なんと私の少し上の先輩にあたる方でした。

 

私は大学の3,4年を神保町に程近い校舎で過ごし、新卒の時には一ツ橋にオフィスがあったので、よくスズラン通りで過ごしたのでした。ランチの時間も楽しかったし、古書店の軒先を見て回るのも楽しかった。ランチの後のお茶には、ブックカフェに行ったり、老舗ラドリオやミロンガ、さぼうるにも行きました。仕事帰りに寄る神保町交差点のディスクユニオンは、ジャズやボサの品揃えがよくて、よく行きました。

 

もし、また通勤したい街を問われれば神保町とこたえると思います。

 

古本食堂

古本食堂 / 原田 ひ香著

東京 : 角川春樹事務所 , 2022.3

p290 , 19cm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第123号:松本の包装紙・・・「松本十二か月」

片道2キロちょっとの図書館までウォーキングして、あてどもなく本を見て過ごすのが週末の楽しみです。

 

今年の夏は久しぶりに長野の姉のところに行こうと思っています。姉が白馬から引っ越し、いまは松本に比較的近いエリアに住んでいるので、以前よりも中央線を使ったりして松本に立ち寄ることも増えました。

 

大学時代の親友Aちゃんの実家が諏訪なので、お互いに長野に行っているときにうまくタイミングがあえば、松本で待ち合わせて会うということも出来るようになりました。

 

今回、図書館で見つけた2011年4月発行の伊藤まさこさんの「松本十二か月」を読みました。表紙はとても冬っぽいけど、内容は1月から12月までの季節の移り変わりとともに、松本やその周辺のことが書かれています。

 

このころ、伊藤まさこさんは5回目の松本での春を迎えようとしていて(いまは松本にいるのかどうかわかりませんが)、松本の風土、そして民芸を含む文化を写真とともに紹介しています。

 

特に、私が注目したのは松本の老舗店の包装紙。

民芸の陶器等を販売する「ちきり屋工芸店」さん、おもちゃ屋「ぴあの」さん、和菓子の「開運堂」さん、「梅月」さんなど、民芸運動に貢献した方々が描いた包装紙が今も使われています。

 

この本にはありませんが、私の大好きな石垣サブレを発売している洋菓子の「マサムラ」さんの東郷青児さんの包装紙もとても印象に残る包装紙です。

 

昭和レトロブームですが、そんなブームどうのでなく、ずっとみんなに愛されているっという感じが伝わってきて、なんだかほっこりします。

 

現在は、「クラフトフェア松本」もあり、クラフトの町として知られており、民芸の精神は、作家たちの新しいエッセンスを加えて新しい形でひろがりをみせています。

 

今年も夏には、セイジ・オザワ 松本フェスティバル が行われますが、音楽、民芸やクラフトという文化、そして松本城を中心とした歴史ある城下町、こんなに揃っている町はなかなかないのではないでしょうか。

 

ほんとうにこの本のどの部分も興味深いのですが、民芸はやっぱりいいですね。私は柳宗悦バーナード・リーチがとても好きなので、この町についてももっと深掘りしたいです。

 

松本の七夕は、ひと月遅れの8月7日だそうです。七夕人形というのを飾るそうですよ。

 

松本十二か月

松本十二か月 / 伊藤 まさこ著

東京 : 文化出版社 , 2011.4

p166 , 21cm

 

 

 

 

 

第122号:鎌倉と牛久、二つの大仏・・・「やさしい猫」

中島京子さんの「やさしい猫」を読みました。

特に最後の100ページくらいは、ボロボロ泣きながら読んで、こんなに嗚咽しながら読む本って、ここ最近出会っていません。

 

この話はスリランカ人のクマラさんとミユキさんと、ミユキさんの娘のマヤちゃんの話。東京の片隅住む普通の家族の話。

でも、クマラさんはスリランカ人で、就労ビザが切れてしまったから、入管に収容されて大変な目に遭うんだけれど・・・。

 

二つの大仏。

一つは、クマラさんが見たがっていた鎌倉の高徳院の大仏。

”大仏に向かって左手の木陰にひっそりと、人の顔のレリーフをつけた赤い石碑”

があります。そこには、ジャヤワルデネ前スリランカ大統領が言った言葉が彫ってあるそうです。

人はただ愛によってのみ

憎しみを越えられる

人は憎しみによっては

憎しみを越えられない

               法句経五

この大統領は、終戦後のサンフランシスコ講和条約で日本の自治権を認めるかどうかというときにこの言葉を演説で言い、会議の出席者に”日本に寛容さを示すべきだ”と説得してくれたそうです。

 

もう一つの大仏は、東日本入国管理センターの近くにある牛久大仏

窓もない部屋に収容されて、クマラさんはもちろん大仏様を見ることも出来なかったわけだけれど・・。

 

スリランカは70%が仏教を信仰しているので、大仏様のところにスリランカの大統領の言葉の石碑があるのもそのあたりが関係しているのかなと思いますが、そのあたりは実際に鎌倉に行って確認したいです。

 

牛久の大仏様は高さ120m、鎌倉の大仏様は11.31m。大仏様は慈悲深く、人びとを包みこむ存在だと思います。

 

くしくも、この二つの大仏様の近くには不寛容な組織の施設と寛容な言葉のレリーフという対比があるのではないかと思いました。

 

また、この話の中に出てくるクマラさんが話してくれる「やさしい猫」というスリランカ民話の猫とねずみ。大きな者(強い者)と小さい者(弱い者)という対比も印象的です。

 

この小説は構成も完璧ですし、静かに、穏やかに話が進んでいくのに、読者をぐいぐいを巻き込んでいき、本当にすごいです。そして、日本という国は、私たちはと考えざる得ません。

 

スリランカ人のウィシュマさんが入管で収容されて亡くなったことは記憶に新しいところですが、そういうことがウィシュマさんだけが例外でなく起こっていることを考えざる得ません。

 

私には何ができるでしょう。深く考えてしまいます。

 

やさしい猫

やさしい猫 / 中島 京子著

東京 : 中央公論新社 , 2021.8

410p , 20cm

 

第118号:アテネで、オリジナル・マラソン・コースを走る・・・「走ることについて 語るときに 僕の語ること」

2007年10月に単行本化された村上春樹著「走ることについて 語るときに 僕の語ること」を今さらながら読んだ。最近参加している読書会のメンバーの方の話に出てきて、読んでみようと思った。

 

いまから15年以上前に、村上さんが「マラソン」をテーマに各地のレースに出た話やトライアスロンの大会に出た話が書かれており、その中に時折、哲学的とも言える村上さんの経験則が書かれていて、それを読みながら拾っていくのがなかなかいい。

 

真夏のアテネからマラトンまでのルートを走ったという。マラソンの発祥となったオリジナル・マラソン・コースの逆ルート。実際は、42.195kmよりも短いルートを走ってしまったようだが、それは大きな問題ではない。

 

その道の名は『マラトン街道』。名前を聞くと一度は行ってみたくなるが、今は大型のバスやトラックがかなりのスピードで走る幹線道路といった風情のようだ。写真も掲載されているが、その当時の村上さんの走る姿は精悍でかっこいい。

 

この本を読んでいても、私にはまだまだ実感できないことが多いが、人は山があれば登りたくなるように、なぜ走るのかということを思わず考えてしまう。

 

この本の中に、こんな言葉があった。

(中略)

大事なものごとは、ほとんどの場合、目には見えない(しかし心では感じられる)何かなのだ。そして本当に価値のあるものごとは、往々にして、効率の悪い営為を通してしか獲得できないものなのだ。たとえむなしい行為であったとしても、それは決して愚かしい行為ではないはずだ。僕はそう考える。実感として、そして経験則として。

ラソンだけでなく、あらゆることに通じる哲学だと思った。

つい最近は、何でもコスパ重視みたいなことを言ってしまうが、そうなんだよ、効率の悪い営為でしか得られないものってあるなあと、敬愛する村上さんに書かれてしまうと素直に受けとめる自分がいる。

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて 語るときに 僕の語ること / 村上 春樹著

東京 : 文藝春秋 , 2010.6

p262  , 16cm

 

 

 

 

第117号:先生との出会いの鎌倉の浜辺・・・『こころ』

夏目漱石の『こころ』は、たしか高校1年か2年のときの現代国語の教科書に三部構成のうちの第3部の「先生と遺書」だけ掲載されていた記憶があります。一部抜粋といっても、当時の私は本なんて全然読まなかったので、辟易するほど長いと感じたことを覚えています。

 

授業では、第3部だけ読んだので(第3部は、確かに核心的な部分ではあるけれど)、おそらく前の部分の説明もついていたと思いますが、全くといっていいほどその背景や周辺的知識は記憶に残っていませんでした。

 

今回読んで、あらためてディテールが浮かび上がってきました。

主人公「私」と「先生」の出会いは、鎌倉の海でした。本文でも由比ヶ浜(由井が浜では原文記載)にホテルがあったとあり、その近辺の浜辺で「私」が「先生」を数回見かけ、先生の落とした眼鏡を拾ってあげ、先生を追って海に入って泳いだところ、先生から声をかけられて、はじめて言葉を交わします。

 

本文からと全集の解説から読み取ると、明治後期にそのホテルというのは「海浜院ホテル」のことで湘南唯一のシーサイドホテルだったようです。もともと西洋風の保養のためのサナトリウムだったこともあり、ホテルになってからは外国人にも好まれ、大正時代に「海浜ホテル」という名前に変わって、大規模改装して人気があったようです。

 

鎌倉は、明治の時代も素敵な避暑地だったのね、と妙に納得し、今ほどに賑やかではないけれど、「先生」や「私」やのように一夏をこの地で過ごす人が当時も訪れていたことを想像します。

 

そして、今回30年以上ぶりに読んでみて、いろいろなものが私の中に飛び込んできて、「さすがだわ。夏目漱石。」と唸るほどでした。

 

時代背景としては、長く続いた江戸が終わり、武家が中心となっていた封建的な時代の終焉と天皇制に変わり近代的国家を歩み始めた新旧入り交じる価値観の混沌とした時代です。そういう時代であるからこそ、「明治の精神」という言い方で表現されるのかもしれません。

 

しかし、現代人にとってはそれは男尊女卑的でもあり、時に首をかしげたくなるような内容でもありますが、いい意味では高潔で、義理堅い武士道を思い起こさせる部分が共存しており、一面的には読むことの出来ない深さがありました。

 

読んでみる価値がある一冊です。

 

こゝろ (角川文庫)

こころ / 夏目 漱石 著

東京 : 角川書店 ,  2004.5

335p  ,  15cm

改版 

 

 

 

第116号:ハリケーンレオの襲来・・・「狙われた楽園」

今年は3年ぶりに規制のないG.W.ですね。私は、姉や甥姪とともに谷中に墓参したり、買い物をしたり、みんなで食事したりしました。晴天が続いて、「これぞ、ゴールデンウィーク」という気持ちになりました。

 

今日は、最近の日課のウォーキングをして、なかなか読み進められずにいた「狙われた楽園」を読み終えました。アメリカでは2020年刊行されたジョン・グリシャムのシリーズ第2作目「狙われた楽園」(原題「Camino Winds」)。今回は、村上春樹さんが訳者ではなく、星野真理さんです。

 

1作目ほどの感動はないものの、「ふむふむ」と言う感じでした。ある殺人から芋づる式に出てくる闇の世界。ほんとにあったら怖いなぁ、いやほんとにあるのかななどと想像をかき立てます。

 

ミステリーはあまり読み慣れない私なので、前回のように書店や稀覯本のことなどの描写を読みたかったのですが、今回はあまりありません。それよりも、このカミーノアイランドはハリケーンレオが襲撃して大変なことに・・・。

 

このカミーノアイランド(Camino island)はフロリダのジャクソンビル近郊の架空の島です。中心部にはサンタ・ローザというダウンタウンがあったり、前作のキーマンであった作家マーサー・マンのコテージは海辺にあったり、この島にあったヒルトンはこのハリケーンで大きな被害にあったり、本土から島に渡る橋も通行不能になったり、架空とはいえかなりロケーションの設定がちゃんとしており、想像を掻き立てます。


閑静な住宅が建ち並ぶ町で、主人公ブルース・ケーブルは独立系書店「ベイ・ブックス」を営んでいます。


オープンマリッジという形を取っていたブルースと妻のノエルは、今作ではオープンマリッジをやめて、あらためて海岸で結婚式をあげ、お互いの貞節を誓うというシーンも出てきます。

 

今作では、周りを固めるサイドストーリーがあらたに動き始め、ある意味中途半端なまま終わってしまうので、ここら辺が次作の展開を気にならせる要素にもなっています。

 

ブルースは前作に比べると、街がハリケーンで甚大な被害を受けたために書店の経営への熱が冷めているのが個人的には残念ですが、次作ではブルースの気持ちがどんな風に変わっていくのかも気になります。

 

狙われた楽園 (単行本)

狙われた楽園 / ジョン・グリシャム著 ; 星野 真理訳

東京 : 中央公論新社 , 2021

373p ; 20cm

書名原綴り : Camino Winds

著者綴り : John Grisham