第101号:Camino Islandの書店ベイ・ブックス・・・「グレート・ギャツビーを追え」

2017年にアメリカで刊行されたジョン・グリシャムグレート・ギャツビーを追え」(原題「Camino island」)を読みました。訳者は村上春樹さんです。

 

読み終わって、一言いうなら、「あー、面白かった~」です。

 

久々に面白くて夢中になって読んだ本でした。ジャンルとして言えば、ミステリーなんですが、本筋以外の要素が私にとってはかなり魅力的でした。

 

物語は、プリンストン大学のファイアストーン図書館からスコット・フィッツジェラルドの直筆の5つの原稿が盗まれるという話からスタートします。

 

フロリダのCamino islandという海のリゾートでもあり、閑静な住宅が建ち並ぶ町で、主人公は独立系書店「ベイ・ブックス」を営むブルース・ケーブル♂。スランプに悩む新進気鋭作家のマーサー・マン♀。また、ブルースの妻でフランスからの輸入品を扱うアンティーク店を経営するノエル。Camino islandに住む、作家たちも魅力的に書かれています。

 

Camino islandは、架空の町のようで、ネット上では「アメリア島」ではないかなど、いろいろ言われていますが、それは大して重要ではありません。

 

私としては、ブルースはとても魅力的です。「ハンサム、やり手、知的で、業界における有名人、スマートなプレーボーイ、そしてなにより無類の本好き」これは訳者の村上氏が書かれていますが、まさにそんな人物です。スマートなプレーボーイなのに、無類の本好きというのが素敵です。

 

個人的な話ですが、以前このブログに書いた下の「古書店巡り」のシリーズで、はまってしまった希覯本の世界をまた思い出してしまいました。

umemedaka-style.hatenadiary.jp

 

こんな風に、海沿いの町で古書店ができたら素敵だろうな。でも、海風と古書はまったく相性が悪そうですが・・。希覯本のコレクションへの興味もあります。

 

この本では、プリンストン大学のあるニュージャージーCamino islandがあるとされるフロリダ、ブルースの妻ノエルが出かけるフランスのアヴィニョン、後半でブルースとノエルが訪れるパリ、マーサーが勤める大学のあるノースカロライナ、南イリノイなど、広範囲に場面が動きます。旅をしているようで、これもまたいいです。

 

続編も出るそうで、楽しみです。

 

「グレート・ギャツビー」を追え (単行本)

グレート・ギャツビーを追え / ジョン・グリシャム著 ; 村上春樹

東京 : 中央公論新社 , 2020

413p , 20cm

書名原綴り : Camino island