第19号:はじまりの書「古書店めぐりは夫婦で」と「旅に出ても古書店めぐり」

何を隠そう私の老後の目標は、古書店の店主になること。

 

古書と古書店自体に関心を持ち始めたきっかけは、この本、ローレンス さんとナンシーさんの ゴールドストーンご夫妻が書いた「古書店めぐりは夫婦で」だった。この本を読んだとき、稲妻が落ちたような衝撃を受けたのだった。

 

お二人は西マサチューセッツバークシャーに引っ越した。誕生日のプレゼント交換でいつも高価なものを贈りあい、あまり喜ばれず、揉める。そんなことを繰り返していたある年、20ドルまでと決めてプレゼントを贈りあうことにした。それは厳守ということになった。その時のプレゼントが、『戦争と平和』だったという。こんなにすてきなものが20ドル以内で買えるなんて!という感動でとびあがる。それをきっかけに、お二人の古書店めぐりがはじまったというエピソードが冒頭で書かれている。

 

そして、お2人の古書店めぐりが始まり、足をふみ入れてみると古書の世界は奥が深いと気づく。初版や、装丁の美しさ等の価値を決めるファクターと値付けのしかたの奇妙さや、個性的な古書店主の面々。

 

もちろん、アメリカと日本では、ここで収集される対象になっている活版印刷の本の歴史の長さや出版のスタイルも違うので、日本なりの古書の収集のしかたがあるかもしれないが、でもこの古書好きの世界観というのは、とても共感できたし、この奥深い世界に入ってみたいと思ったのだった。

 

さらにもう1冊は、お二人が書いた続編『旅に出ても古書店めぐり』では、マサチューセッツからニュージャ―ジーに引っ越し、新しい古書店との出会い、個性的な古書店主とのさらなる出会いがあったりする。

 

日本ではあまり知られていない作家で、でもアメリカでは超有名で、コレクター垂涎の1冊みたいなものもたくさん出てくる。日本ではあまり知られていなかったり、日本ではとっくに絶版になってしまっている素晴らしい作家の本がたくさんあるということをあらためて知る機会にもなり、2冊とも興味深く、読んでいて、とても楽しくなる本である。

 

もっと英語の本が読めたらな・・・、アメリカの古書店めぐりもしてみたい。

 

古書店めぐりは夫婦で (ハヤカワ文庫NF)

 古書店めぐりは夫婦で / ローレンス ゴールドストーン (著), ナンシー ゴールドストーン (著) ;  浅倉 久志 (翻訳)

東京 : ハヤカワ文庫NF,  1999

342p ; 16㎝

著者原綴:  Lawrence Goldstone,  Nancy Goldstone 

旅に出ても古書店めぐり (ハヤカワ文庫NF)

旅に出ても古書店めぐり / ローレンス ゴールドストーン (著), ナンシー ゴールドストーン (著) ;  浅倉 久志 (翻訳)

東京 : ハヤカワ文庫NF,  2001

338p ; 16㎝

著者原綴:  Lawrence Goldstone,  Nancy Goldstone