軽井沢,日本

第11号:「本格小説」で描き出される古き良き軽井沢

おはようございます。 梅雨の晴れ間というのは、なんとも気持ちが良く、とても好きなひと時です。 このブログを書くために、書きためてきた感想文ノートを何冊も見返しますが、そうすると不思議と仕事のストレスや、落ち込んでいたこともふっと消え、また歩…